『今夜はただの日記にて』



こんばんは!もう11月末でっせ!

あと数日で12月ですね~。

はっ!!今年ももうすぐ終わるやんっ(゚Д゚;)!!って感じですわ。



さてさて、今月はね~、正直に言うと、「ブログを書く」ということを忘れてたのww

書くことについて、何も考えてませんでしたww

けっこうそういう感じのテキトーな所が僕にはあるよww


で、無理やりに急ごしらえで書く内容を考えても、内容が荒くなるだけなので、
今回は軽く、内容が何もないような、日記のようなものを書こうと思います。

まぁこういう感じで書くのも「めずらしい」ので「有り」としてお許しくださいませ~。


あ、そういえば、前回、阿藤快のギャグを入れたけど、今月に阿藤さん亡くなられたんだね。
ご冥福をお祈りします。

まぁ、阿藤快と言えば、僕は子供の頃からずっと「帝都大戦」に出ている人だと思ってたけど、あれは嶋田久作だったんだね。←何の話やっw

まぁ分かる人には分かる話です。



さてさて、このブログも作ってから、もう2年半近くになるんだね。

まぁ色んな人に読んで頂いているみたいでして。

ホント、感謝、感謝ですね。そして涙。←本当かよっw

ただ、僕のブログは話が長いし、けっこう細かいことを書いてたりするので、よっぽど集中力がないと最後まで読めないと思うんだよね。


そういう意味では、だいたいの記事を最後まで読んで頂いている方ってのは、
よっぽど集中力があって賢い人か、それとも単なる暇な・・・・。←そ、それ以上、言うんじゃないっw

まぁ、僕のブログはけっこうマニアックな部類に属するブログですからね~。

「ハマる人は、ハマる」って感じですわな。

これは作った当初からそうなんだよね。

ブログに附属しているアクセス分析を観てたら、深夜に23時間くらいかけてずっと僕のブログに滞在していて何個かの記事を読んでる人がいることってあってね、そういう人が各都道府県から週に1人くらいは現れるという・・・。

そういう現象が作った当初からあってね、まぁ「こういう人は深夜に僕のブログの内容にハマってしまったんだろうな」って思ってたけどね。

嬉しく思う反面、まぁあまり深夜などにハマり込まずに読んで頂きたいとも思ってます。

僕自身は記事をアップしたら、そこから夜はエロっちいゲイビなどを観て、「お楽しみの時間」を過ごしていたりするからねw ←そうだったのかよっw 


まぁそうではあっても、誰かに読んで頂いているということは有り難いことですので、感謝しておりますよw 

ホント、感謝、感謝、そして涙(目薬さして涙っぽくみせるw)←やっぱりか、お前っw


ちなみにグーグルやヤフー検索で「堂山 ゲイ」「堂山町 ゲイバー」などの言葉で検索すすると、僕のブログはけっこう検索上位で表示されますよ。 

wikiペディアに次いで2位のときもあるし。

まぁ「北区堂山町のゲイバーで今夜も」の記事にヒットするんだけどね。

ブログを2回引越ししてるからね、引越しするとそれまでの検索結果やアクセス数などの情報が全部なくなるからさ、引っ越ししてなかったらwikiペディアを超えてたりしてw。

まぁ、ブログの引越しはあまりしない方が良いんだろうね。

でも、「堂山 ゲイバー」の言葉での検索で僕のブログが2位ってさ、堂山にあるゲイバーなどのサイトってそんなに観られてないってことだろうね。 

堂山のゲイバーリンク集みたいなものをこのブログの中に作って、堂山のゲイバーから登録料をもらう商売も出来たりしてw

まぁもしそうすると、ブログタイトルになっている「哲学」ってのはもはや関係なくなるブログになってしまうよねw

目がチカチカするリンクバナーとかは僕は嫌いなんですよね~。

読んでる人が出来れば、書いている内容に集中してもらえるように、極力シンプルなブログのデザイン(色、形含めて)にしてるんですよ。

だから、なんか目がチカチカするリンクバナーとかを張り出したら、このブログももはや終わりだなww

「ペ○ス増大サプリ」の広告のバナーとか載っけちゃったりしてw ←そういう例示はよしなさいっw

「~cm以上デカくなる!」みたいな文字とチ○○の写真がチカチカ点滅するバナーw

で、だんだんハッテン場の広告のバナーとかも張り出したりしてw

20代、30代の体育会系野郎たちが集まる場所!」 っていう感じの内容でさw


それだと、「全然、記事で言ってる内容と違うやんっ!!」っていうようなツッコミが入るブログになったりしてねww




まぁ、このブログはね、誰のためでもなく

僕が僕自身の為に書いているブログなんです。


日常の中でさ、心のどこかで感じていること、

だけどそれが何なのか、一体どういうものなのか、どういう形のものなのか、自分でも分からない、

そういう得たいの知れない、自分でもはっきりしない、だけど心の中に「ある」「存在する」ってことだけは自分で分かってる、そういうものを自分の中で考えて書いて行きたいんだよね。

それは、捉えどころがないものだからこそ、ゆっくりと自分で「考える」って作業をしないと、見失ってしまうものなんだよね。

だから僕は、ふとしたときに自分の中で漠然と感じる思いや感情について、はっきりとは目に見えない、捉えどころのないものだけれど、ゆっくりと孤独な作業になるけれども、それを何とか追いかけたい。

そう思って、このブログを書いてるんです。



少し大げさに言えば、その捉えどころのないもの、自分の中で漠然と感じる思いや感情を「追いかける」って行為は

「僕が僕である理由、僕が生きていく意味」を誰に言われるわけでもなく、ただ自分の中で「追求する」ってことなのかも知れないな。

そして、それは生活や仕事などでは、「全く役に立たない」ことなんだ。

しかしながら、人って日々の仕事や生活に追われているけれども、自分の人生や自分の存在の理由や意味について、心のどこかで想いをめぐらせているものではないだろうかと僕は思うんだ。


僕のブログは自分の過去の出来事を書いているようでいて、

「自分の存在の意味や価値」という「自分の未来へと繋がるもの」について「書くこと」によってそれを自分で「追いかけている」んだと思うんだ。



実は「ヨースケミライ」というブログハンドルネームにはそういう意味が込められているんだけどね。

僕は過去の方向にだけ一方的に縛られているわけではなく、未来に向かっても想いをめぐらせているのさ。


未来は自分という存在が作るものだから。





忙しくて、書けないこともあるけれども、まぁ出来るだけ書き続けていこうと思ってます。



稚拙な文章だけれど、読んで何か感じて頂ければ、嬉しく思っています。



ではまた、次に「書く」ときまで。